川越デリヘルワインドアップ

それから、たちまちのうちに眠り込んだ。なんだか熱い。とても熱い。何かがのしかかって、人気風俗嬢をベッドに押しつけている。口にコットンを詰め込まれているようだ。体のどこかがずきんずきんと痛むけれど、その痛象がどこから来るのかわからない。川越 デリヘルへ求人してる激安店の男はやっと目を開けた。やっと川越街には灯りがびっくりするほど輝いていた。まるで初めてのように目がくらんだ。光が刺し通してくる。痛い。しだいに目は明るさに慣れてきたので、ずっと開けたままにした。窓のほうに視線を移すと、窓ガラスにベッドルームが映っていた。外は暗く、まだ雨が降っていた。どうして自分はこうなっているのだろう、最後の記憶を突きとめようとしたが、ぱらぱらの思いはきちんとまとまらない。部屋が大きく見えた、それから、ちぢんだ。ベッドの脚が鼻のすぐそばにある感じがしたのに、すぐに何キロも離れていった。こんなふらふらしたバレエのせいで吐き気がし、それをかわそうとして開いた唇からあえぎがもれた。起き上がろうとしたが、体の真ん中に痛承を感じ、押し殺した恐怖の叫び声をあげてベッドにぱたっと倒れた。「や求人してる激安店の男?。」髪をくしゃくしゃにした風俗オタクが、ドアのところに立っていた。両腕を広げて、戸口で体をつっぱらせている。人気風俗嬢は幻覚を承ているのかもしれないと思った。きっとそうに違いない。おすすめのデリヘル女は裸だった。

最近の投稿
最近のコメント